AGAの薄毛治療体験談

AGAの薄毛治療体験談

未分類

ザガーロの成分・副作用・購入方解説

投稿日:

今やAGAは若い人にとっても珍しくない悩みです。
20代30代でAGAに悩まされている人は少なくありません。

薄毛を改善するには早期発見早期治療が何よりも大事。

薄毛治療には、有効成分を含む治療薬が効果的です。
今回は、有効成分「デュタステリド」を含むAGA治療薬「ザガーロ」の効果や副作用・購入方法についてまとめてみました。

ザガーロの説明。内服?塗り薬?

ザガーロはAGAの治療に有効とされる有効成分「デュタステリド」を含む内服薬です。
薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンという物質が体内で生成されるのを抑制し、抜け毛の進行を抑えることができると言われています。

AGAによる薄毛が進行する過程には、テストステロンという男性ホルモンが大きく関係しているのはご存知でしょうか?
テストステロン自体は、男性の筋肉質な肉体や挑戦心を保つのに必要なホルモン。それ自体に脱毛作用はありません。
しかしこのテストステロンが体内の還元酵素5αリダクターゼと結びつくことによって、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンという物質に変わってしまうのです。

ジヒドロステロンによって髪の成長サイクルが乱され、毛が強く成長しきる前に抜けてしまうようになる。これがAGAで薄毛になるメカニズムです。

ザガーロの主成分であるデュタステリドには、テストステロンと5αリダクターゼの結合を抑える効果があり、ジヒドロテストステロンの生成を抑える事ができると言われています。

デュタステリドは元々、前立腺肥大の治療薬である「アボルブ」の主成分として使われていました。
しかしその副作用として、薄毛の進行を遅らせる効果があることが判明。
前立腺肥大もAGAも、ジヒドロテストステロンが主な原因だったからです。ジヒドロテストステロンの生成を抑えるデュタステリドがAGA治療にも有効であることがわかりました。
同じくジヒドロテストステロンを抑える効果を持つフィナステリドを配合した「プロペシア」が先に商品化されていたこともあり、中々認可申請されていませんでしたが、2015年8月にようやく厚労省が製造販売を承認しました。

ザガーロに含まれる成分

・デュタステリド

ザガーロに含まれる有効成分はデュタステリドです。
先述のように、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンの生成を阻害し、AGAの進行を抑える効果があります。

同じように薄毛の進行を抑える成分にフィナステリドというものがあります。
フィナステリドもザガーロと同様、ジヒドロテストステロンの生成を抑える事で薄毛の進行を食い止める効果があるといわれている成分。

しかしフィナステリドがⅡ型(前頭部と頭頂部)の5αリダクターゼのみに効果的なのに対して、デュタステリドはⅠ型(側頭部と後頭部)とⅡ型の両方に作用します。

デュタステリドを含むザガーロは、フィナステリド配合の治療薬よりも広範囲の薄毛治療が期待できるといって良いでしょう。

ザガーロのポイント、副作用、注意点

ザガーロは効果が強い分、副作用もあります。使用できない方もいるので注意が必要です。

ザガーロを使用できない人

・デュタステリドを含む5αリダクターゼ阻害薬にアレルギーを持っている方
・未成年
・重度の肝機能障害をお持ちの方
・女性(特に妊婦、妊娠の疑いがある方、授乳中の方)

上記の方はザガーロを服用することができません。
フィナステリド同様、未成年への適性、安全性は確立されていません・

また、ザガーロは肝機能障害がある場合は血中濃度が上昇する場合があります。
重度の肝機能障害をお持ちの場合は服用できません。
軽度の場合は、医師に相談するようにしましょう。

ザガーロは男性用の治療薬であり、女性への有効性は確立されていません。
特に妊婦の方、妊娠中の疑いがある方、授乳中の方は胎児、幼児に副作用の影響を与えかねません。生殖器奇形など、重い症状になることもあるので絶対に服用しないようにしましょう。

ザガーロはカプセル内の薬剤に触れただけでも副作用を発症する可能性があります。
身近に上記のような方がいる場合は厳重に注意して保管しましょう。

ザガーロの副作用

ザガーロには以下のような副作用が認められています。
・発疹
・頭痛
・抑うつ
・リビドー減退
・射精障害
・勃起不全
・乳房痛
・肝機能異常

副作用も大体フィナステリドと同じです。
第Ⅱ/第Ⅲ相国際共同試験では可能性の高いものだと、リビドー減退(5.8%)、勃起不全(5.0%)、射精障害(1.7%)などが挙げられています。

肝機能障害など重大な副作用が発症することもあるので、医師と相談し、充分に注意しながらの投薬治療をおすすめします。

ザガーロの日本での入手・購入法

薄毛治療に効果的とされるザガーロですが、基本的に薬局で手に入れることはできません。
日本でのザガーロ購入方法を紹介します。

クリニックでの処方

ザガーロは医師の処方が必要な医療用医薬品に分類されているので、残念ながら薬局で気軽に買い求めることはできません。
基本的にはクリニックでドクターの診断を受け、処方してもらうのが正規の購入方法ということになります。

ザガーロの値段はクリニックによりますが、8000~10000円といったところ。
ザガーロが日本で発売されたのは2016年。まだ特許が切れておらず、ジェネリック製品は販売されていません。

フィナステリドを含むプロペシアよりも広範囲のAGAに効果的で、かつジェネリックが存在しない分、プロペシアよりも費用はかかると考えた方がよさそうです。

ネット通販での購入

クリニック処方という正規の購入ルートの他に、ネット通販でザガーロを購入することもできます。
成分や値段は商品によってピンキリ。
5000円程度で購入できるようなものもあります。

しかしいま述べたように、正規品のザガーロは本来、医師から処方してもらわないと入手できない医療用医薬品。
ネット通販で購入できるのは、海外から個人輸入したものが殆どです。

医師の処方なく、ネットで気軽に購入できるのがネット通販のメリット。
しかし一方で、安全面で大きなリスクも伴います。

AGAクリニックで販売されているザガーロは、厳しい審査をパスし、厚労省の承認を得た安全性の高い製品です。
一方ネット通販で購入できるザガーロは、海外製で日本の審査を通過したものではありません。
日本人の体質に合わず思うような効果をえられないものや、逆に副作用が強すぎる場合もあります。
粗悪品や偽物を含んでいる場合も。
仮に健康被害を被ったとしても、ネット通販で購入した場合は全て自己責任になってしまいます。
ネット通販でも購入は可能ですが、リスクが大きいので、おすすめはできません。

ザガーロを使う前に専門家に相談

おすすめはやはり、専門のドクターに相談してからザガーロを処方してもらう方法です。

「餅は餅屋」とも言いますが、AGAもAGA対策に特化した専門のクリニックで、ドクターに相談するのが良いでしょう。

AGAクリニックには薄毛対策に特化した専門のドクターがいますし、血液検査を行いながら慎重に治療を進める事ができます。ネット通販よりも安全面ではるかに優れているのです。

確かにネット通販にも、手間がかからないという点でメリットはありますが、薄毛治療では安全面への配慮がなによりも大事。
通販で粗悪品をつかまされて健康被害が出てしまっては元も子もありません。更に治療費はかさみますし、手間も余計にかかってしまいます。

薄毛治療はしっかりドクターと相談しながら進めていくことが重要。
AGAクリニックの中には、無料で初回カウンセリングを行っているところもあるので、是非足を運んでみてくださいね。

-未分類

Copyright© AGAの薄毛治療体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.