AGAの薄毛治療体験談

AGAの薄毛治療体験談

未分類

リアップの成分・副作用・購入方解説

投稿日:

リアップの成分・副作用・購入方解説
薄毛は今や中高年の男性だけでなく、若い男女にとっても深刻な問題。

薄毛になると常に人の視線が気になったり、恋愛でもそれが原因で上手くいかないこともあったりで本当につらいんですよね。
最近は薄毛に悩んでいる人が増えたこともあり、毎日のように育毛剤のCMを見かけます。薬局でも育毛剤のコーナーがあります。

しかし実は多くの育毛剤には発毛発毛成分が含まれていません。
今回は有効成分「ミノキシジル」を含み、発毛効果があるとされる発毛剤「リアップ」を紹介します。

リアップの説明。内服?塗り薬?

リアップシリーズは、大正製薬が開発した発毛剤。
頭皮に直接塗布するタイプの外用薬です。
主成分のミノキシジルには、血管を広げ、毛母細胞に栄養が行き渡りやすくして、発毛を促す効果があると言われています。

ミノキシジルは、元々アメリカのアップジョン社が、高血圧の対策として開発した成分。しかし治療の副作用として多毛症が認められたことから、薄毛の治療成分としてもつかわれるようになりました。

その後、アップジョン社と大正製薬が技術導入契約を結んだことで、1990年に日本発の発毛剤として「リアップ」が発売されました。(発毛成分を含まない育毛剤は依然からありました。)

その後も研究を続け、女性用の「リアップレディ」、頭皮環境を改善する成分を加えた「リアッププラス」、従来よりも高濃度のミノキシジルを含む「リアップX5」などが開発・販売されるようになりました。

リアップに含まれる成分

リアップシリーズで最もメジャーかつ発毛効果が高いとされる「リアップX5プラス」のには、以下のような有効成分が含まれています。
・ミノキシジル
・ピリドキシン塩酸塩
・トコフェロール酢酸エステル
・l-メントール

ミノキシジル(5.0g)
発毛効果があるとされる有効成分。血管を拡張し、血行を良くすることで頭皮に栄養が行き渡り、毛母細胞が活性化。新しく毛髪を生やす効果があると言われています。

ピリドキシン塩酸塩(0.05g)
薄毛の原因となる皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。
頭皮環境を改善することで、ミノキシジルがより浸透しやすくなります。

トコフェロール酢酸エステル(0.08g)
過酸化脂質の生成を抑えて頭皮環境を整えることで、頭皮の炎症を抑えます。

l-メントール(0.3g)
頭皮の炎症、かゆみを抑える成分。頭皮に清涼感を感じることができます。

ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールで頭皮環境を整えて薄毛の進行を抑え、発毛成分ミノキシジルで新しく毛を生やす感じですね。

国内最大濃度となる5%のミノキシジルが配合されているので、既にかなり薄毛が進行してしまっている人でも効果が期待できる治療薬と言えそうです。

リアップのポイント、副作用、注意点

効果の強い治療薬ゆえに、副作用の危険性もあります。
副作用が現れる可能性は5~10%程度。
そこまで神経質になるほどではありませんが、注意しておきましょう。

リアップを使用できない人

・女性
日本では現段階でミノキシジル5%配合薬の女性臨床実験が行われていないため、おすすめできません。特に妊娠中、授乳中の場合、胎児に副作用の影響が及ぶ可能性もあるので要注意です。

女性であれば、女性用に開発された、ミノキシジル1%配合薬「リアップジェンヌ」がおすすめです。

・未成年
未成年を対象としたミノキシジルの臨床試験は行われていないので、基本的に未成年は使用できません。

・ミノキシジル過敏症の人
ミノキシジルにアレルギーを持っている人は使用できません。

・男性型脱毛症(AGA)以外の薄毛
AGA以外が原因の薄毛の場合は要注意。
例えば一時的なホルモンの乱れが原因の産後はげは、リアップを使っても意味がありません。
副作用のリスクを増やすだけなので使用は控えた方が良いでしょう。

他の育毛剤・発毛剤を使用している人
リアップ以外の育毛剤・発毛剤を既に使用している人にはおすすめできません。
育毛剤・発毛剤の併用は副作用のリスクを高める可能性があります。

リアップの副作用

リアップシリーズの使用にあたっては、以下のような副作用が発症する可能性があります。

頭皮の発疹・発赤
かぶれ
かゆみ
ふけ
使用部位の熱感
頭痛
気が遠くなる
めまい
胸の痛み
心拍が速くなる
原因のわからない急激な体重増加
手足のむくみ

動悸やめまい、胸の痛みといった深刻な症状はいずれも0.5%以下の発症率。
一方かゆみやかぶれなど、軽度の症状は1~5%となっています。
リアップは患部に塗布する外用薬なので、ミノキシジルタブレットのような内服薬よりも副作用のリスクが低いと考えられています。

リアップの日本での入手・購入法

リアップシリーズは取り扱いに注意が必要な第一類の一般用医薬品に指定されているので、医師の処方か薬剤師の説明を受けないと購入することができません。
しかし平成25年の薬事法改正により、一般用医薬品は、薬剤師による使用者の健康調査(ネットでの質問やメールで確認)やメールでの注意点説明など、特定条件を満たした上でのネット購入が可能になりました。

これを受けてリアップシリーズは、ネット通販でも、薬剤師の説明を受けた場合に限り購入できるように。
基本的には薬剤師のいる薬局で処方してもらうか専門のクリニックで処方を受けて購入、どうしても恥ずかしければネット通販という形でも良いと思います。

薬局で購入

リアップは薬剤師のいる薬局で購入することができます。
薬局の陳列棚でリアップをみる事がありますが、これはあくまでサンプル品。購入するためには薬剤師にリアップを購入したい旨を伝え、説明を受ける必要があります。

クリニックで処方してもらう

リアップはAGAクリニックで処方してもらうことも可能です。
ただしどのクリニックでも扱っているというわけではありません。
クリニック通院する場合は、あらかじめリアップを取り扱っているか調べておきましょう。

ネット通販で購入する

薬事法の改正により、ネット通販でもリアップは購入できるようになりました。
薬局やクリニックに足を運ぶ必要がないというメリットがあります。
しかしネットを介して、薬剤師による文面での簡単な健康調査や説明を受ける必要はあります。

現段階で発売されているリアップシリーズを紹介していきますね。

・リアップ(第一類医薬品)
リアップシリーズの第一弾です。
有効成分ミノキシジルを1g(1%)含む発毛剤。
血行を良くすることで毛根に栄養を送り、発毛を促すことができると言われています。

価格は
120ml(2ヶ月分) 9500円
60ml(1ヶ月分) 5500円

・リアッププラス(第一類医薬品)
リアップと同じくミノキシジル1%配合の発毛剤。
リアップに加え、頭皮環境を整える有効成分パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールを配合しており、より効率的に毛髪を保全しながら発毛効果を期待することができます。

価格は
60ml(1ヶ月分) 5239円

・リアップジェット(第一類医薬品)
ミノキシジル1%配合の発毛剤。
主成分はリアッププラスと同じですが、直接頭皮に押し当てて噴射するジェット式が特徴。

価格は
100ml 3800円

・リアップX5プラス(第一類医薬品)
国内最高濃度5%のミノキシジルを含む発毛剤です。
ミノキシジルの他に、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールを含んでおり、薄毛進行を抑えながら発毛を徹底サポートすることができます。

既に深刻な薄毛に悩まされている方、ミノキシジル1%配合の発毛剤で効果があまり効果を実感できなかった方におすすめ。

価格は
60ml(1ヶ月分) 7048円。

・リアップリジェンヌ(第一類医薬品)
ミノキシジル1%配合の女性用発毛剤です。
有効成分はミノキシジルに加え、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールなど男性用と殆ど一緒。
男性用のリアップはミノキシジル濃度が高く、女性には副作用のリスクが高いです。女性はリアップリジェンヌを使うようにしましょう。

しかしリアップジェンヌも男性用リアップと同様に
・ミノキシジル過敏症の方
・未成年の方
・妊婦もしくは妊娠の疑いがある方、授乳中の方
・AGA以外の原因による薄毛の方
などは女性であっても使用することができないのでご注意ください。

価格は
60ml(1ヶ月分) 5239円
です。

ミノキシジル内服薬との違い

AGAクリニックでよく使用されるのは、リアップシリーズのような外用薬でなく、錠剤を飲むタイプの内服薬です。内服薬は有効成分が血管を通り細胞に作用する為、外用薬に比べると浸透率が高く、より高い効果が期待できます。
成分の浸透率が高い分、副作用の発症率も高いのが短所です。
故にミノキシジル配合の内服薬は市販では、市販で手に入れることができず、クリニックの医師に処方してもらうことでしか購入できません。

一方リアップシリーズは外用薬なので、内服薬よりは発毛効果は緩やかです。
内服薬ほど成分の浸透率は高くないので、副作用も発症しにくいと言われています。
しかし医師の処方がない分、多少なりとも自分で注意して使わなければならないところがあります。
もし外用薬で副作用がでた場合には、使用を中止し、クリニックに相談するのがおすすめです。

発症率に差があるとは言え、外用薬でも内服薬でも副作用のリスクはあるので、一度専門の医師に相談してから購入するのが最もおすすめの入手方法です

リアップシリーズのメリット・デメリット

リアップシリーズのメリット
・ミノキシジルによる発毛効果を期待できる
・内服薬よりも副作用はゆるやか

リアップシリーズのデメリット
・内服薬よりは発毛効果が弱い

リアップを使う前に専門家に相談

今回は発毛剤リアップを紹介させて頂きました!

薬事法改正によって、現在では第一類医薬品もネットで購入することができるようになりました。
実際に薬局で購入するのが恥ずかしい方、相談するのが恥ずかしい方はネットでの購入も良いでしょう。
しかしやはり副作用のある薬である以上、一度クリニックなどで専門の医師に相談、処方してもらうのが一番安全でおすすめ。
クリニックの中には初回カウンセリングを無料で行っているところもあるので、一度是非足をはこんでみてくださいね。

-未分類

Copyright© AGAの薄毛治療体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.