AGAの薄毛治療体験談

AGAの薄毛治療体験談

未分類

プロペシアの成分・副作用・購入方解説

投稿日:

薄毛は最早若い男女にも深刻な問題になっています。
薄毛になると、髪型は決まらないわ、常に他人の視線が気になるわ、薄毛のストレスで余計薄毛が進行するわで本当につらいんですよね。

薄毛を改善するには、早期発見と治療が大事です。
今回は、薄毛治療で最もメジャーに使用される治療薬の一つ「プロペシア」の効果や成分、副作用について解説していきます。

プロペシアの説明。内服?塗り薬?

プロペシアは、薄毛治療に有効とされる成分「フィナステリド」を含む錠剤の内服薬です。

フィナステリドはAGAの主な原因とされるジヒドロテストステロンという物質の生成を抑制することができます。

AGAが進行する仕組みには、男性ホルモンの一種であるテストステロンが大きく影響しています。テストステロン自体は男性のたくましい体やチャレンジ精神に不可欠な男性ホルモンなのですが、これが体内の還元酵素5αリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に転化。
脱毛作用のあるジヒドロテストステロンによって毛髪の成長サイクルが乱され、髪の毛が太く強く成長する前に抜けてしまうのです。

プロペシアの主成分フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害する働きを持っているので、薄毛の進行を食い止める効果があるのです。

しかし元々フィナステリドは薄毛の治療薬として開発されたわけではありません。
アメリカで前立腺肥大の治療成分として開発されたのがはじまり。
しかし実験の過程で、男性ホルモンの効果を抑え、抜け毛を食い止める働きがあることが分かったのです。

その後FDA(アメリカ食品薬品)からの認可があり、正式にAGA治療薬として販売されるように。
日本でも現在フィナステリドを主成分とする「プロペシア」、「ファイザー」などのAGA治療薬が普及、各クリニックで使用されています。

プロペシアに含まれる成分

・フィナステリド

プロペシアの有効成分はフィナステリド。
先述のように、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンの生成を抑え、抜け毛を減らすことができると言われています。
一方、同じく薄毛治療の有効成分とされる「ミノキシジル」のような強い発毛効果はないので、あくまでAGAの進行を食い止める効果に留まります。
しかし、これから抜けるはずだった弱い毛髪が抜けずに強く成長する分、育毛効果を実感した患者は多いようです。

プロペシアのポイント、副作用、注意点

日本でも薄毛治療の薬として一般的に使われているプロペシアですが、効果の強い薬故に副作用や使用上の注意点もあります。

プロペシアを使用できない人

・フィナステリドを含む5αリダクターゼ阻害薬にアレルギーがある人
・女性(特に妊娠、もしくは妊娠している疑いがある方、授乳中の方)
・未成年
・重度の肝機能障害をお持ちの方

上記の方はプロペシアを使うことができません。
主成分のフィナステリドは、女性と未成年への安全性が確立されておらず、使用することはできません。
特に妊娠中、もしくは妊娠の疑いがある方、授乳中の方は特に要注意。
プロペシアはホルモンの作用に影響を与えるので、妊娠中の方が服用すると、胎児に副作用が及ぶ可能性があるのです。
胎児の生殖器奇形など、重い症状になることもあります。

重度の肝機能障害をお持ちの方も使用することができません。
プロペシアは主に肝臓で代謝されるので、肝機能に障害を持っている方への安全性が確保されていません。軽度のものであれば使用できる場合もあるので、クリニックのドクターと相談してから服用するようにしましょう。
健康診断の結果を持参していくと便利ですよ。

プロペシアは錠剤の破片に触れるだけでも副作用が発現する可能性があるので、厳重に注意しておく必要があります。

・AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛

以上の方に対してはプロペシアの有効性が認められていません。
プロペシアの主成分フィナステリドはそもそもAGAの原因となる、ジヒドロテストステロンの生成を抑える成分。例えば、ストレスによる円形脱毛に対する効果は認められていません。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用には以下のような症状が挙げられます。しかし可能性の高い症状(リビドー減退など)でも1.1%程度の発症率。そこまで可能性は高くないので、医師、薬剤師の処方を受けていれば、神経質になることはありません。

・リビドー減退
・肝機能障害
・蕁麻疹
・発疹
・睾丸痛
・無精子症
・勃起不全
・射精機能障害
・乳房痛
・乳房肥大
・抑うつ症
・めまい

万が一副作用が現れた場合は、プロペシアの使用をすぐに中止し、薬剤師やクリニックのドクターに相談するようにしましょう。

プロペシアの日本での入手・購入法

プロペシアの入手方法は大きく分けて2つ。
クリニックで購入する方法と、ネットで個人輸入する方法です。
プロペシアは通常市販されておらず、薬局で買い求める事ができないので注意しましょう。

クリニックでの購入

個人的におすすめなのがクリニックでの購入という方法です。
というより、基本的にプロペシアは、ドクターの処方が必要な「医療用医薬品」に分類されるので、クリニックでしか購入できません。クリニックで処方してもらうのが正規の方法で、最も確実と言えるでしょう。

クリニックでは専門のドクターに相談、血液検査を行いながら投薬治療を行うので、とにかく安全面で信頼できます。
副作用のある薬なので、なるべく安全性の高い購入方法を選んでおきたいですよね。

クリニックでは1ヶ月6000~8000円くらいでプロペシアを購入できるところが多いようです。

クリニックではプロペシアの後発ジェネリック薬品「ファイザー」を使用しているところもあります。プロペシアと同じくフィナステリドを配合しており、同じような効果が期待できる上に、先発のプロペシアよりも低価格で購入できます。

クリニックでのファイザー購入価格は3000~5000円といったところ。
医師の処方を受けて入手できるものなら安全性も問題ないのでおすすめですよ。
使用する治療薬はクリニックによって異なるので、通院前に一度調べてみるのも良いかもしれませんね。

海外から個人輸入

医療用医薬品であるプロペシアは原則ドクターの処方を受けなければ入手することはできません。
しかし、「フィンペシア」のようなプロペシアのジェネリック品を通販サイトで購入することは可能です。
通販での購入は、クリニックに通院する必要がなく、かなり低価格(1ヶ月1000~3000円程度)で購入することができるというメリットがあります。

しかし実は通販サイトで売られているジェネリック薬品は、殆どが海外産だということはご存知でしょうか。
通販での治療薬購入は、海外からの個人輸入という形をとっているのです。

国産の医薬品は、薬事法に基づく厳しい審査をパスし、厚労省から認可された安全性の高いもの。
一方海外産のジェネリック薬品は厚労省の認可を受けておらず、安全性が十分とは言えません。
日本人の体質に合わず、充分な効果が得られなかったり、逆に副作用が強すぎて健康被害を被る可能性もあります。
コピー薬をつかまされたり、発がん物質を含んでいたなんていう事例もあります。

ドクターの処方を受けず、個人輸入で入手した場合、偽物をつかまされたり、健康被害を被った場合も全て自己責任になってしまうので、おすすめすることはできません。

プロペシアを使う前に専門家に相談

やはり個人的に一番おすすめなのは、クリニックで処方を受けて購入する方法です。

薄毛の治療は長期戦になるので、できれば費用を抑えたいという気持ちはわかります。
しかし不良品をつかまされて全く効果を実感できなかったり、副作用が強すぎて健康が脅かされたのでは元も子もありません。費用も余計に掛かってしまいます。

専門のドクターに相談し、検査を受けてから処方してもらうのが一番効果的かつ安全な方法ではないでしょうか。
AGA専門クリニックの中には、初回カウンセリングを無料で行っているところもあるので、是非足を運んでみてくださいね。

-未分類

Copyright© AGAの薄毛治療体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.