AGAの薄毛治療体験談

AGAの薄毛治療体験談

未分類

フィナステリドの効果・副作用・購入方法解説。内服薬は通販や個人輸入で買える?

投稿日:

薄毛は近年中年以上の男性だけでなく、若い男女にとっても深刻な問題になっています。
薄毛改善には様々な方法がありますが、最も有効なのは有効成分を含む治療薬による投薬治療だと言われています。
今回は、薄毛の治療に必要な有効成分の一つであるフィナステリドの効果や副作用、入手方法についてまとめてみました。

フィナステリドの説明と効果

フィナステリドには、AGAによる脱毛の進行を抑える効果があります。

しかし元々フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した、前立腺肥大を治療するための有効成分でした。
研究の過程で、フィナステリドに脱毛を抑える効果が認められ、のちに薄毛治療の有効成分として販売されるようになりました。
日本でも「プロペシア」という商品名で、フィナステリド配合薬が普及しています。

薄毛の有効成分として知られる「ミノキシジル」には、新しく毛を生やす発毛効果が認められる一方、フィナステリドの効果はあくまで薄毛進行を抑え今ある毛を守ることに留まります。

ミノキシジルは「攻めの育毛成分」、フィナステリドは「守りの育毛成分」と言っても良いかもしれません。

フィナステリドの成分が発毛に効く理由

フィナステリドが薄毛対策に有効なのは、AGAの原因となるホルモンの生成、働きを抑制する効果があるからです。

AGAによる脱毛には、テストステロンという男性ホルモンが深く関係しています。テストステロンそれ自体は男性のたくましい体や、モチベーションや挑戦心を維持するのに必要な男性ホルモンです。しかし、これが体内の5αリダクターゼという還元酵素と結合することで、脱毛作用のあるジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化。ジヒドロテストステロンの影響で毛髪の成長サイクルが乱され、髪が太く強く成長する前に抜けてしまう。これがAGAの原因です。
同じような効果をもつ有効成分にデュタステリドというのがありますが、これはフィナステリドよりも更に広範囲の5αリダクターゼに対応できる成分です。
いわば、フィナステリドの上位互換。

フィナステリドはⅡ型(頭頂部や前頭部)の還元酵素には有効なので、てっぺんはげや前頭部はげには有効ですが、側頭部や後頭部の薄毛には聞きません。
一方デュタステリドはⅠ型(側頭部や後頭部)の還元酵素にも作用するので、より広範囲の薄毛に効き目があるということになります。

基本的にAGAで薄毛が発症する部分は頭頂部や前頭部のM字部分なので、一応フィナステリドでもAGA対策としては十分な効果は期待できると言えます。

フィナステリドで薄毛治療する際のポイント、注意点(特に通販、個人輸入の内服薬)

フィナステリド配合薬を使うにあたって気をつけるべきは、「通販・個人輸入の商品はリスクが高い」ということです。

フィナステリドに限った話ではありませんが、通販・輸入サイトに販売されている薄毛治療薬は基本的に、海外産のジェネリック製品です。

クリニックで医師の処方を受け入手する治療薬は基本的に国産で、薬事法に基づいた厳しい審査をパスした安全性の高い製品です。
一方、通販、輸入サイトで入手できる海外産の治療薬は、審査基準が甘く副作用や健康被害を被る可能性が高かったり、偽物や粗悪品を掴まされる可能性もあります。
日本人向きにつくられていないので、体質に合わなかったり、効き目が薄いということも良くあります。

さらに通販、輸入サイトで入手して健康被害がでた場合、完全に自己責任になってしまいます。
個人でフィナステリド配合薬を入手するには、それなりのリスクがあるということに留意しておきましょう。

フィナステリドを使用できない人

フィナステリドは女性、特に妊婦の方や妊娠の疑いがある方は使用することができません。授乳中の方も禁止です。フィナステリドは胎児や乳幼児に影響を与え、男児の生殖器奇形など、副作用を及ぼす可能性があります。
フィナステリドは肌からも吸収されるので、上記の方は触れることも禁止されています。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用には、性欲減退や勃起不全、無精子症乳房肥大、肝機能障害など身体的なものから、抑うつ症状のように精神的なものまであります。

しかしフィナステリドの副作用はどれも1%以下と発現率が非常に低いので、そこまで過敏になる必要もありません。

フィナステリド配合の製品の入手法

それでは、フィナステリド配合薬の入手方法と、それぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

市販

フィナステリド配合薬は、医師の診断、処方が必要な医療用医薬品に分類されています。
基本的に市販のものを入手することはできません。

フィナステリド配合薬を入手するためには、AGAクリニックを受診して処方してもらう正規の手順を踏むか、通販・輸入サイトで個人購入するかという方法をとる必要があります。

海外取寄せ

フィナステリド配合薬は、通販や輸入サイトから購入することもできます。

代表的な商品は「フィンペシア」や「フィナロ」、「「プロスカー」など。

輸入サイトに売られている配合薬は、海外のジェネリック薬品が多く1500~5000円程度で購入できるのが魅力です。

しかしながら、日本の厳しい審査をパスしておらず、日本人の体質に合わないものもあります。国産の治療薬に比べ、効果が弱かったり、逆に副作用が強く健康被害が出たりすることも少なくありません。

海外取り寄せの治療薬で健康被害が出た場合、全て自己責任になってしまうので、あまりおすすめはできない入手方法と言えます。

海外取り寄せのメリット
・安い

海外取り寄せのデメリット
・副作用や健康被害のリスクが大きい
・自己責任

クリニックでもらう

一番おすすめなのは、クリニックに処方してもらう入手方法です。市販のものや個人輸入の治療薬に比べるとコストがかかりますが、安全性が高く、より高い効果が期待できます。

筆者もクリニック通院で治療約を処方してもらっておりますが、目立った副作用もなく(体毛は少し濃くなりましたが)、3ヶ月目くらいから効果を実感することができました。

クリニックで処方されるフィナステリド配合薬は「プロペシア」や「ファイザー」です。

先ほど述べたように、フィナステリドそのものには発毛効果がないので、ミノキシジルのような発毛成分配合の薬品とセットで処方されるのが一般的。
クリニックによって費用はピンキリですが、筆者の場合はミノキシジル配合薬、フィナステリド配合薬、栄養サプリを12ヶ月処方されるプランで約25万円。

決して安くはないですが、最も効果を期待できる方法でおすすめです。

クリニック処方のメリット
・最も効果を期待できる
・安全性が高い

クリニック処方のデメリット
・費用が高い

フィナステリド配合の製品を使う前に専門家に相談

今回はフィナステリドの効果や副作用、入手方法などを紹介しました。
総合的にやはりクリニック通院で処方してもらうのが最も良いでしょう。

しかし、まずは一度専門家に相談することを強くおすすめします。
薄毛の進行具合によっては、本格的な治療をしなくても、生活習慣や食事を改善するだけでも薄毛対策をすることができるかもしれません。
いずれにせよ自分で判断せず、クリニックで専門家にみてもらい一緒に対策を考えるのがベストでしょう。

AGAクリニックには、無料で初回カウンセリングを行っているところもあるので、是非足を運んでみてください。

-未分類

Copyright© AGAの薄毛治療体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.