AGAの薄毛治療体験談

AGAの薄毛治療体験談

未分類

デュタステリドの効果・副作用・購入方法解説。内服薬は通販や個人輸入で買える?

投稿日:

いまや薄毛は中年以降の男性だけでなく、若い男女にとっても深刻な問題のなりつつあります。薄毛改善には様々な方法がありますが、最も有効なのは有効成分を含む治療薬による投薬治療だと言われています。
今回は、薄毛治療に有効な成分の一つとされる、デュタステリドの効果や副作用、入手方法について解説していきます。

デュタステリドの説明と効果

デュタステリドには、AGA(男性型脱毛症)の原因となる物質の生成を抑制し、薄毛の進行を抑える効果があると言われています。有効成分フィナステリドも同様の効果があり、薄毛治療薬として一般的に使われています。

今でこそ薄毛の治療薬として知られるデュタステリドですが、元々はフィナステリドと同様、前立腺肥大の治療に有効な成分として開発されたものでした。
しかし近年、このデュタステリドに、薄毛進行を食い止める効果があることが判明。その後、世界各国で薄毛治療に使用されるようになったのです。

デュタステリドの成分が発毛に効く理由

デュタステリドが薄毛治療に効くメカニズムは、フィナステリドと同じ。
デュタステリドがAGAの原因となる物質である、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、脱毛を遅らせ、食い止めることができるのです。

AGAによる脱毛が起こるメカニズムをご存じでしょうか。AGAにはテストステロンという男性ホルモンが大きく影響しています。
テストステロンは、男性のたくましい体や、強い挑戦心を保つのに必要なホルモンで、これ自体に脱毛効果はありません。しかしこのテストステロンが、5αリダクターゼという体内の還元酵素と結合することで、脱毛作用のあるジヒドロテストステロン(DHT)に転換してしまいます。

このジヒドロテストステロンが毛髪の成長サイクルを乱し、毛が強く太く成長する前に抜けるようになってしまうわけです。

デュタステリドは、テストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制し、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンの生成を食い止めることができるので、薄毛対策に有効なのです。

フィナステリドも同様の仕組みで脱毛を食い止める効果があります。
しかし、フィナステリドがⅡ型(頭頂部や前頭部)の還元酵素には作用しますが、Ⅰ型(側頭部や後頭部)の還元酵素には作用しません。

一方デュタステリドの場合、Ⅰ型の還元酵素にも作用するので、より広い範囲の薄毛をカバーすることができるのです。
AGAによる薄毛は、頭頂部や前頭部のM字部分に発症することが多いので、基本的にはフィナステリドでも十分な範囲をカバーすることはできます。

デュタステリドで薄毛治療する際のポイント、注意点(特に通販、個人輸入の内服薬)

市販のものは効果が弱い
デュタステリドで薄毛治療をするにあたって気をつけるべきは、「通販、個人輸入の治療薬はリスクが高い」ということです。

通販や輸入サイトで販売されている治療薬は、殆どが海外産のジェネリック薬品。海外産の薬品は日本のように薬事法に基づいた厳しい審査をパスしていない物もあるので、日本人の体質に合わないことも少なくありません。

効果が弱かったり、逆に副作用が強く、健康被害が出るということもあります。通販、個人輸入の場合は、もし健康被害が出ても全て自己責任になってしまうので注意が必要です。

デュタステリドを使用できない人

デュタステリドは重度の肝機能障害をもつ方、小児や女性(特に妊婦、妊娠の疑いがある方)は使用することができません。
妊婦、妊娠の疑いがある方が服用してしまうと、胎児に生殖器奇形など重大な副作用を及ぼす可能性があるので、厳重注意する必要があります。

特にデュタステリドは皮膚からも吸収されてしまうため、使用できない人はなるべく触れないように注意しましょう。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用には殆どフィナステリドと同じ。

性欲減退や勃起不全、無精子症や乳房肥大、肝機能障害、そして抑うつ症状などが挙げられます。
フィナステリドと同様、発現率は非常に低いので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

デュタステリド配合の製品の入手法

それでは、デュタステリド配合薬の入手法や、それぞれのメリット、デメリットについて紹介していきます。

市販

デュタステリド配合薬は、医師の診断、処方が必要な医療用医薬品に分類されるので、市販での取り扱いはありません。
入手したい場合は、AGAクリニックを受診し、専門のドクターに処方してもらう正規の方法か、ネットの輸入サイトで海外から仕入れるという方法をとることになります。

海外取寄せ

基本的にデュタステリド配合薬を入手するためには、医師、薬剤師による処方箋が必要です。、しかし輸入サイトを使えば、処方箋なしに海外から取り寄せることが可能です。

海外から取り寄せられるデュタステリド配合薬には、「デュタス」、「デュタプロス」、「デュプロスト」、「デュタボルブ」などがあります。

価格帯は4000円~10000円ほど。

処方箋なしで入手できる分、海外製のものが多く、安全性が担保されてません。効果が弱かったり、逆に副作用が強すぎるものもあります。
健康被害があった場合も全て自己責任。
通院の手間が省ける一方で、非常にリスクが高い入手方法と言えるでしょう。

海外取り寄せのメリット
・処方箋なしで入手可能

海外取り寄せのデメリット
・健康面、安全面のリスクが高い
・全て自己責任

クリニックでもらう

一番おすすめなのはやはり、AGAクリニックで処方してもらう方法です。
クリニック通院で処方してもらえる代表的なデュタステリド配合薬は「ザガーロ」です。

とは言え、AGAクリニックでは、デュタステリドよりも、フィナステリド配合薬を基本的に処方しているところが多いようです。通院する前に、一度そこで処方されている薬の成分を調べてみると良いでしょう。

一般的なクリニックの治療プランでは、フィナステリド配合薬やデュタステリド配合薬でAGAの進行を抑えながら、ミノキシジルで新しく毛髪を生やしていくという方法が多いです。

デュタステリド配合薬のみ購入するケースはあまりありませんが、クリニックでは1ヶ月分を7000~10000円ほどで買い求める事ができます。

個人的にはやはりクリニックに処方してもらうのが一番おすすめ。
クリニックで処方される薬品は日本の厳しい審査をパスしたもので安全性が高く、専門のドクターと相談しながら治療を進められるので、副作用のリスクも軽減できます。

商品によっては、海外取り寄せの薬品とさほど値段も変わらないので、通院の手間はかかりますが、やはり個人的にはクリニックでしっかり処方してもらうのが1番かなと思います。

クリニック処方のメリット
・一番効果が期待できる
・安全面のリスクが低い

クリニック処方のデメリット
特になし(通院の手間くらい)

デュタステリド配合の製品を使う前に専門家に相談

ここまでデュタステリド配合薬の効果や副作用、入手方法について紹介してきました。

やはり専門のクリニックに通院、処方してもらうのが一番無難で効果も期待できる方法。
しかし、本格的な治療の前に一度、専門家に相談してみるのがおすすめです。

AGAの進行具合によっては、生活習慣や食生活の改善だけで対策できる場合もあります。
一度専門家に薄毛の状態を見てもらい、一緒に今後の対策方法を決めていくと安心ですよ。

AGAクリニックの中には、無料で初回カウンセリングを行っているところもあるので、是非あしを運んでみてくださいね。

-未分類

Copyright© AGAの薄毛治療体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.